手・肘の治療を行います

当院では手や肘に生じた疾患の治療も重点的に行っています。日本手外科学会認定専門医が診察します。「指を動かした際に、手首の付け根辺りに痛みが走る」、「手や肘を動かそうとすると痺れが起こる」、「指の関節が痛み、しっかり伸ばすことができない」、「曲げた指を伸ばそうとすると、引っかかる感じがする」といった症状がある方は、お気軽にご相談ください。

手・肘の主な疾患

バネ指 手根管症候群 橈骨遠位端骨折 ガングリオン デケルバン腱鞘炎 突き指 上腕骨外側上顆炎(内側上顆炎) 変形性肘関節症 肘内障 など

バネ指(手指屈筋腱腱鞘炎)

バネ指は手の指に起こる疾患の1つです。指の付け根の下のほうに痛みが走ったり、指が曲がったまま戻りにくくなったりします。女性に起こりやすく、仕事などで手をよく使う人に多く見られます。腱鞘炎を繰り返したりすると、腱鞘が炎症を起こして肥大化してしまい、初期には指の付け根の圧痛、その後、弾発現象が進行すると指の関節が固くなってしまいます。初期には注射で改善を試み、それでも治らなければ手術を検討します。

手根管症候群

手には親指から薬指までの感覚の一部を支配している正中神経が通っています。手根管という骨でできているトンネルに正中神経や指を曲げる腱が入っています。手根管症候群は、何かしらの原因で手関節の部分で手根管の中が腫れてしまいそれによって正中神経が圧迫されることで起こります。症状としては、手が痺れたり、チクチクと痛み出したり、物を掴みにくくなったりします。進行すると明け方にしびれで起きてしまうこともあります。痺れの原因は首での神経の圧迫による場合もありますので、整形外科で正確に診断し、軽度なら内服薬・リハビリ・注射などで様子を見ます。

橈骨遠位端骨折

前腕にはそれぞれ2本の骨があるのですが、このうち太い方の骨の手首側に生じる骨折です。手のひらをついて転んだときに起こしやすいと言われています。橈骨遠位端骨折になると、手首が強く痛み、短時間のうちに腫れてきます。指がしびれることもあります。治療ではまず麻酔で痛みをとってから、ずれた骨片を元に戻す整復を行います。整復により骨片がずれてこないようなら、そのままギプスなどで固定します。うまく整復できない場合は、手術が必要になります。

ガングリオン

ガングリオンはゼリー状の物質が詰まった腫瘤です。手首や指先の関節上に出来ることが多く、軟らかいものから硬いものまで幾つかのタイプがあります。症状があまり強くないことも多いのですが、神経の付近にできると神経を圧迫し、しびれや痛みなどを引き起こします。神経の圧迫によって神経の症状を伴うようなケースでは治療が必要になります。その他、腫瘤が大きくなるようだったり、痛みの程度によっては手術などの治療が必要になります。

デケルバン腱鞘炎

親指を伸ばす腱は手首のところを通っています。この腱は浮き上がりを抑える腱鞘というトンネルの中を通っています。腱鞘炎は、腱と腱鞘の間に炎症が起きた状態です。特定の仕事や運動によって腱と腱鞘の間に機械的な摩擦が強まると腱鞘炎になりやすいと考えられています。初期には手首の親指側の圧痛だけですが、進行すると物を持つこともできなくなります。初期には注射、進行していれば手術も検討します。

突き指

一般的には、指先からタテ方向に力が加わることによって起こる外傷を総称して「突き指」と呼んでいます。もっとも、実際には捻挫や脱臼、腱断裂、打撲、軟骨損傷、骨折など、様々な病態が含まれます。手だけでなく、足の指にも起こります。指の腫れや疼痛、変形が特徴的で、押すと痛みます。脱臼や骨折がある場合には、指が異常に曲がった状態になります。適切な治療を行うには、きちんと診断をつける必要があります。

上腕骨外側上顆炎(内側上顆炎)

中年以降のテニス愛好家に起こりやすいため、一般にテニス肘と呼ばれることが多いのですが、テニスを習慣的に行っていない方にも生じることがあります。上腕骨外側上顆炎になると、物を掴んで持ち上げたり、タオルを絞ったりする際に肘の外側から前腕にかけて痛みが走ります。多くの場合、安静時には痛みません。原因は手首を伸ばす働きをしている筋肉の一部の上腕骨付着部で痛みが発生することによると考えられています。これと似た病態で肘の内側から前腕に痛みがあり、物を持ち上げたり、握ったりして痛みがある上腕骨内側上果炎もあります。これはゴルフ肘と呼ばれます。

変形性肘関節症

主に中高年の男性に多いですが、肘の軟骨が磨り減ったり、骨の変形が生じたりする疾患です。肘を動かすと痛みが強くなり、安静にしていると痛みは軽くなります。変形性肘関節症になると肘の屈伸の動きが制限され、口元に手を近づけることが出来なくなったりします。肘の屈曲、伸展とも動かせる角度が減少し、少しでも動かそうとすると激痛を生じることもあります。原因としては、スポーツや重労働による肘関節の酷使や肘関節内骨折などの肘関節外傷、関節炎などが挙げられます。

肘内障

肘の外側にある輪状靭帯から橈骨頭という肘の外側の骨がずれて外れかかった状態です。多くは5歳以下の子どもにみられます。外出時に子どもが躓きそうになったときなど、強く手を引っ張られた際によく起こります。腕をやや曲げて下げたままにして痛がり、動かそうとしなくなったときは肘内障の可能性があるので、お早めに医療機関をご受診ください。整形外科では骨折や脱臼との鑑別をつけるためにX線検査を行って確認することもあります。通常は徒手整復によって元の状態に戻すことが出来ますが、繰り返すことも少なくないので注意が必要です。

成増慶友整形外科リウマチ科
〒175-0094 東京都板橋区成増1-27-2
お電話・お問合せ03-5904-0400
FAX03-5904-0401
院長
森澤 妥
診療内容
整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科
最寄駅
東京メトロ有楽町線・副都心線「地下鉄成増駅」3番出口より徒歩2分 東武東上線「成増駅」南口より徒歩5分 ※当院には駐車場のご用意がありません。お車でお越しの際は近隣のコインパーキングをご利用ください。
休診日:日曜・祝日
:土曜午後は14:00~17:00
※毎週水曜、第1・第3土曜は糖尿病外来を開設しています。
診療時間は水曜 9:00~12:30、14:30~17:00、
土曜 9:00~12:30です。
診療時間 日祝
9:00~12:30
14:30~19:00