スポーツ障害の治療を行います

当院ではスポーツによって障害を負われた方の治療を幅広く行っています。怪我をした部位の治療を行うだけでなく、再発予防などの対策にも取り組んでおります。例えば運動中に捻挫をしたケースならば、十分なストレッチングや筋力強化を行い、運動時の適切な身体の動かし方をマスターできるよう助言します。実際に怪我をされた方のみならず、今後、けがを予防して競技成績の向上を目指している方も、お気軽にご相談ください。

当院で行う主なスポーツ障害

野球肩、野球肘、オスグッド病、反復性肩関節脱臼

野球肩

主に野球の投球動作によって引き起こされるスポーツ障害の総称です。個々の疾患を挙げると滑液包炎、棘上筋腱炎、上腕二頭筋腱炎など様々な種類がありますが、これらに共通しているのは肩の筋肉や関節の酷使によって起こることです。そのため、治療にあたっては固くなった筋肉をほぐすストレッチ、炎症を鎮めるアイシング、肩周りの筋肉強化などが効果的です。しばらく休息していると痛みなどが治まることが多いのですが、痛みが長引いているようならご相談ください。

野球肘

成長期にボールを投げ過ぎていると、肘の障害が強まって野球肘を引き起こすことがあります。投球時や投球後に肘の痛みが走ったときはこの疾患が疑われます。肘の曲げ伸ばしが行いづらくなり、急に動かせなくなったりもします。治療にあたっては、まずは投球を中止し、肘の安静を保ちます。痛みを我慢して投球を続けていると障害の悪化を招き、手術が必要になる場合もあるので注意しましょう。

オスグッド病

膝の下方にあるお皿の裏側の骨が次第に突出してきて痛みが生じる疾患です。患部が赤く腫れたり、熱を持ったりもします。通常は休息をしっかりとることによって痛みは消失します。しかし、安心して再びスポーツを始めると再発してしまいます。跳躍やボールを蹴るスポーツを行い過ぎると発症しがちで、成長期のスポーツ少年に多く見られます。成長期における一過性の病気と言え、多くは成長が完了すれば治癒します。この時期は、スポーツを控えめにすることが大切です。

反復性肩関節脱臼

何らかの要因によって肩の関節が外れてしまうことがあります。このような脱臼を起こしやすいのは、ラグビーや柔道などをしているとき、スキーやスノーボードで転倒して強い外力が加わったときです。症状としては、肩の痛みや肩を動かせない、肩の丸みが無くなることなどが挙げられます。このような脱臼を起こすと、特に若い方では癖になって反復性肩関節脱臼に移行することが少なくありません。頻繁に起こさないよう、スポーツ整形外科で治療しておくことが大切です。

成増慶友整形外科リウマチ科
〒175-0094 東京都板橋区成増1-27-2
お電話・お問合せ03-5904-0400
FAX03-5904-0401
院長
森澤 妥
診療内容
整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科
最寄駅
東京メトロ有楽町線・副都心線「地下鉄成増駅」3番出口より徒歩2分 東武東上線「成増駅」南口より徒歩5分 ※当院には駐車場のご用意がありません。お車でお越しの際は近隣のコインパーキングをご利用ください。
休診日:日曜・祝日
:土曜午後は14:00~17:00
※毎週水曜、第1・第3土曜は糖尿病外来を開設しています。
診療時間は水曜 9:00~12:30、14:30~17:00、
土曜 9:00~12:30です。
診療時間 日祝
9:00~12:30
14:30~19:00